2013年1月6日日曜日

レビュー:余市1994 18年 SMWS 116.18

Scotch Malt Wisky Societyの余市18年を飲んだ。発売とほぼ同時に完売したボトル。87点。

スコッチ・モルト・ウィスキー・ソサエティはボトラーズブランドのひとつ。
(ボトラーズが何かということについてはこの記事を参照)


【評価】
鼻を近づけると、白檀の、高貴な香り。フローラルで、甘くうっとりし、体中の血液が踊る。
口に含むと、強烈な甘い香りが舌を襲い、ジリジリしながら甘いシビレを残して消えていく。バターの感じ。喉の奥に余韻を長く残す。
ウッディで大人の味ながら、無骨さや正直さ、強い主張が感じられる。
他にはないジャパニーズウィスキーの味わい。

【Kawasaki Point】
87point


【基本データ】
銘柄:116.18 Yoichi 1994 18年(余市 1994年 18年熟成)
地域:余市(北海道)
樽: Refill Butt (おそらくRefill Sherry Butt シェリー樽)
ボトル:Scotch Malt Wisky Society スコッチ・モルト・ウィスキー・ソサエティ


SMWS(=スコッチ・モルト・ウィスキー・ソサエティ≒通称:ソサエティ)では、
それぞれの蒸留所に独自のNo.をつけており、余市蒸留所は116番。
そして今回は余市の中で18番目のリリース。なので、「116.18」というボトルの表記になっている。


北海道は余市蒸留所の場所を確かめてほしい。

View Larger Map

ご参考までに:竹鶴の夢 余市蒸留所紹介ムービー



0 件のコメント:

コメントを投稿