2013年1月21日月曜日

レビュー:オクトモア5 (丸くなるな!と諭すウィスキー)

Octomore 5(オクトモア 5年)を飲んだ。85点。
いわずと知れた世界一のフェノール値、つまり最高にピートを焚いている。ピートとかフェノール値について簡単に解説しておく。例えば、アードベッグというウィスキーはとても煙臭いことで有名だが、その煙臭さ、煙たさは「ピート」を焚いているからだ。この「ピート」の値がフェノール値だ。高ければ高いほど、煙たい香りがするはずだ。このアードベックの3倍以上のフェノール値を記録し、現在は世界一煙たいウィスキーがこのオクトモア5だ。
尚、このオクトモア5年には別名が付いていて、「ベルベット手袋の中の鉄拳」という。何とも詩的だ。


【評価】
鼻を近づければ、甘いあんずの香り(予想していた煙たさは前面に出てこない!)。少し離れた位置でのくすぶった焚き火。ボディの豊かさ。オイリー、油絵のニュアンス。砂糖まじりの砂。
口に含むと、意外にも滑らかに入ってくる(これが“ベルベット手袋”だろう)が、その後、火をつける。豊かな香り複数種と、香ばしさのハーモニー。身体の中から、時間差で上がってくるピート(これが“鉄拳”なのだろう)。血液の中で踊るピート。
信じられないほど高いフェノール値でありながら、バランスを取って味あわせるのは素晴らしい。
5年熟成とは思えないほど。
「丸くなるな!ただし、バランスを取ることでその尖りは個性となる」
と言われているかのような、人生を味わうウィスキー。

【Kawasaki Point】
85point

【基本データ】
銘柄:OCTOMORE 5  5yo (オクトモア5 5年熟成)
地域:ISLAY アイラ
樽: Bourbon, バーボン 
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル



オクトモアは「丸くなるな!」と諭すウィスキーだ。


話題の新ボトルを続々リリースしている復活系蒸留所、ブルイックラディを地図で確かめてみて。

大きな地図で見る




0 件のコメント:

コメントを投稿