2013年2月17日日曜日

レビュー:ボウモア1999 13年熟成 その恐竜を一度見たら忘れない

3Rivers, Dinosaur Series, BOWMORE 1999 13yo(ボウモア1999 13年熟成、三河屋の恐竜シリーズ)を飲んだ。88点。
このダイナソーシリーズのボトルは一度見たら忘れない。なんせ恐竜が描かれているのだから。調べたところ、今回の恐竜はSauropelta edwardsorum(サウロペルタ)のようだ。文献を当たってみたが、ボウモアとの関係性は一切見出せない。ボトラーのただの趣味だろう。しかし、ウィスキーの名前やボトルはなんせ覚えにくいので、こういう尖り方は好感が持てる。
三河屋はボトラーズだ。ボトラーズは蒸留所から樽を買ってきて、独自に寝かせたりして瓶詰めして世に出している(関連:「ウィスキーの“オフィシャルボトル”の意味とは?」)。この三河屋さんは、樽の買い付け1人、営業1人の計2名でやってるらしい。


【評価】
グラスから立ち上る香りは、甘く優雅で、大河のように大量にゆったりと流れてくる。ピートの香りが大河に含まれている。麻の繊維質、ややみかんやオレンジを思わせるフルーティさ。たいまつの炎。
グラスから口に流し込めば、鋭くピートが暴れる。酸味と甘みのバランスが最高で、うまみに昇華されている。重くないスパイシーな後味。
鋭さ、エッジ、うまみのバランスの取れたオシャレな一杯。

【Kawasaki Point】
88point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:BOWMORE 1999 13yo(ボウモア1999 13年熟成)
地域:Islay, アイラ
樽:Oak, Sherry, オーク、シェリー
ボトル:3Rivers, Dinosaur Series, 三河屋の恐竜シリーズ

鋭さ、エッジ、うまみのバランスの取れた
オシャレな一杯

サウロペルタ。
ウィスキーの名前やボトルはなんせ覚えにくいので、
こういう尖り方は好感が持てる

日本から遠く離れたイギリスはアイラ島のボウモア蒸留所。(+や-のボタンで拡大縮小できる)
ここで作られた樽を日本のボトラーが買って、日本で流通し、われわれの口へ運ばれている。

大きな地図で見る



0 件のコメント:

コメントを投稿