2013年2月24日日曜日

レビュー:ボウモア1991 21年 デュワーラトレー 心に静けさを

A.D. RATTRAY Cask Collection BOWMORE 21yo (ボウモア21年熟成 デュワー・ラトレー社 カスク・コレクション)を飲んだ。85点。
このデュワー・ラトレイというボトラーズ(瓶詰め業者)は、かつてボウモア蒸留所のオーナーであったモリソン家によって運営されているようだ。ボトルには社長のサインがあり、自信の程をうかがわせる。

【評価】
グラスから立ち上る香りは、ぶどうの一房、雨の日の日本家屋、曇り空だが嵐の前の静けさ。小さな貝殻をじっくり眺める。空(から)のワインボトル。
口に含めば、生牡蠣の潮っぽさ。クリーミィな煙たさ。手のひらで感じるビーチの砂。
心に静けさを取り戻す一杯。

【Kawasaki Point】
85point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:A.D. RATTRAY Cask Collection BOWMORE 21yo (ボウモア21年熟成 デュワー・ラトレー社 カスク・コレクション)
地域:Islay, アイラ
樽:Oak, Sherry, オーク、シェリー
ボトル:A.D. RATTRAY

グラスから立ち上る香りは、ぶどうの一房


かつてボウモア蒸留所のオーナーであった
モリソン家によって運営されている


口に含めば、生牡蠣の潮っぽさ。クリーミィな煙たさ。
1度使用したシェリー樽で熟成

社長(S.W.Morrison)のサイン入りで自信を示す

イギリスはアイラ島のボウモア蒸留所。湾がはっきり見える。
ボウモアはゲール語で「大きな湾」というのがよく分かる。

大きな地図で見る

0 件のコメント:

コメントを投稿