2013年2月19日火曜日

レビュー:白州シェリーカスク2013 午前十時の森林のよう

白州シェリーカスク2013(Hakushu Sherry Cask 2013)を飲んだ。87点。
白州のシェリー樽のみを集めた限定のもので、この2月に全国で3,000本リリースされた。
バーで出会う人も多いはず。

【評価】
香りは、甘いナッツのチョコレート。バニラ。少しビターなココアパウダー。うっとりする本の世界にでも招き入れられたかのよう。ぶどうの枝の酸味と、海水浴のシュノーケルのゴム。
口に含めば、滑らかだが爽やかな主張。うっとりする本の世界から、午前十時の森林に連れてこられ、そのすっきりとした木漏れ日に目を覚ますかのよう。ウッディな後味でまとまる。
感覚のあちこちを刺激される広い幅のウィスキー。

【Kawasaki Point】
87point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:白州シェリーカスク2013(Hakushu Sherry Cask 2013)
地域:山梨県 日本
樽:Oak, Sherry, オーク、シェリー
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


口に含めば、滑らかだが爽やかな主張。
うっとりする本の世界

午前十時の森林に連れてこられ
そのすっきりとした木漏れ日に目を覚ますかのよう


山梨県、南アルプスのふもとにある白州蒸留所を地図で確かめてみて。

大きな地図で見る



0 件のコメント:

コメントを投稿