2013年2月15日金曜日

レビュー:ロングロウ1996 14年 カスクストレングス

Longrow1996 14yo CASK STRENGTH(ロングロウ1996 14年熟成 カスクストレングス)を飲んだ。88点。
シェリー樽熟成だが、オロロソではなく、アモンティリャードのシェリー樽というのが珍しい点。


【評価】
グラスに鼻をやれば、強いアルコールに乗って薫る、オイル漬けの野草。
蚊取り線香のある縁側、白い壁の港町の描かれた油絵。煙突の煙。魚醤。
口に含めば、深い醤油のコクと甘みが、くゆらせたタバコの煙が消えていくスピードで口の中に沈んでいく。
重みのある樽の木。
ピートを深く味わいたくなり、何度も口に運ぶウィスキー。

【Kawasaki Point】
88point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Longrow1996 14yo CASK STRENGTH(ロングロウ1996 14年熟成 カスクストレングス)
地域:Campbeltown キャンベルタウン
樽:Oak, Sherry, オーク、シェリー
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


香りは、白い壁の港町の描かれた油絵。煙突の煙。

重みのある樽の木


ピートを深く味わいたくなり、何度も口に運ぶ。

スコットランド西岸のキンタイア半島先端のキャンベルダウンは人口5,000の小さな町。

大きな地図で見る



0 件のコメント:

コメントを投稿