2013年5月22日水曜日

レビュー:バルブレア 16年熟成 確かな違い

BALBLAIR 16yo(バルブレア 16年熟成)を飲んだ。86点。
バルブレアといえば、バランタインの魔法の7柱のひとつ(※ブレンデッドウィスキーの「バランタイン」を構成する主要な原酒のひとつ)。
また、映画『天使の分け前』にもメインの舞台として登場する蒸留所だ。

バランタインの魔法の7柱のひとつ。バルブレア。


【評価】
グラスに鼻を近づければ、のどかな午後のピクニック、パンジー、土とハチミツ、マスクメロンのジューシーさ、木の温もり、よく風の吹く丘の上の林が見え、林の中を流れる川、川ゴケ、それから煙たさも上がってくる。
口に含めば、乾いた木の皮のチップ、川砂利、ホワイトペッパー。
一見すると穏やかで静かなため、見過ごしてしまいそうだが、しかし何かがこのウィスキーをより深く味わうように仕向け、確かな違いを感じるウィスキー。

【Kawasaki Point】
86point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:BALBLAIR 16yo(バルブレア 16年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


よく風の吹く丘の上の林が見え・・・

口に含めば、乾いた木の皮のチップ、川砂利、ホワイトペッパー。

確かな違いを感じるウィスキー

『天使の分け前』の舞台ともなったバルブレア蒸留所の位置を地図で確かめてみて。

大きな地図で見る




0 件のコメント:

コメントを投稿