2013年5月3日金曜日

レビュー:クラガンモア12年 素晴らしいバランス

CRAGGANMORE 12yo(クラガンモア 12年熟成)を飲んだ。89点。
クラガンモアといえば、最近、映画 『天使の分け前』にも登場していた。(映画のレビューはこちら
ホワイトホースやオールドパーなどのブレンデッドウィスキーのキーモルトでもある。

ド定番でもあるクラガンモア12年

【評価】
グラスに鼻を近づければ、甘くフルーティ、スイカ、麦、日に焼けた麦わら帽、涼しい窓辺で風に吹かれて本のページがめくれる。
グラスを傾け、口に含めば、ゆるやかかつ穏やか、しかしそれだけで終わらない広がる香りのエッセンスが複数種、この甘みは麦の酸味と調和し、アルコールは余韻を残すための必然として働く。
ウィスキーとしてのバランスが素晴らしい一杯。

【Kawasaki Point】
89point

【基本データ】
銘柄:CRAGGANMORE 12yo(クラガンモア 12年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak,  オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

甘くフルーティ、スイカ、麦、日に焼けた麦わら帽

“あらゆるモルトウィスキーの中でもっとも複雑なアロマ、
エレガントで繊細なスペイサイドのウィスキー”

シングルモルトだが「シングル・スペイサイド・モルト」と表記
スペイサイド推し

自ら名乗る「The Best of Speyside」



クラガンモア蒸留所の位置を地図で確かめてみて。クラガンモアとは「突き出た大岩のある丘」という意味。

大きな地図で見る


0 件のコメント:

コメントを投稿