2013年5月17日金曜日

レビュー:ディーンストン 12年熟成 サーモンのムニエルと合う

DEANSTON 12yo Un-Chill Filtered(ディーンストン 12年熟成 アンチルフィルタード)を飲んだ。63点。
天使の分け前の蒸留所ツアーのシーンで使われている蒸留所だ。

ディーンストン、またはデーンストンとも。

【評価】
グラスから立ち上るのは、ニューポットのような麦の香りだが、厚みがある。ほのかに香る柔らかくクリアな樽のスパイス。
口に流し込めば、ゆっくりとモルト(麦芽)のうまみと甘みが分解されていき、最後にスパイスを残す。ノドで感じる熱いスパイスだ。
個性的ではあるが、食後酒としてではなく、食中酒として、例えばサーモンのムニエルなんかと合わせたいウィスキー。

【Kawasaki Point】
63point

【基本データ】
銘柄:DEANSTON 12yo(ディーンストン 12年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

簡素で、手づくりで、自然。



グラスゴーの北にあるディーンストン蒸留所。ハイランドとローランドの中間あたりだが、一応ハイランド。

大きな地図で見る



0 件のコメント:

コメントを投稿