2013年5月1日水曜日

レビュー:ラガブーリン DE 1995 16年 肉料理の後は・・

LAGAVULIN Distillery Edition 16yo (ラガブーリン ディスティラリー・エディション 16年熟成)を飲んだ。68点。
ペドロ・ヒメネスというシェリー樽フィニッシュの一本。

LAGAVULIN Distillery Edition 16yo

【評価】
グラスに鼻を近づければ、木にこすりつけたオレンジ(つまり木とオレンジの皮の両方が同時に香る)、ビター。
口に含めば、重たいのに軽いシェリー酒、2つの酒を混ぜたかのように、カラメル、爽やかな重たさ、と言っても・・・、「構造」を感じるというより、「物語」のような徐々に移り変わる展開。
ゆっくり、肉料理の後に飲みたいウィスキー。

【Kawasaki Point】
68point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:LAGAVULIN Distillery Edition 16yo (ラガブーリン ディスティラリー・エディション 16年熟成)
地域:Islay, アイラ
樽:Oak, Pedro Ximénez, オーク、ペドロ・ヒメネス
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

重たいのに軽いシェリー酒、2つの酒を混ぜたかのよう


グラスに鼻を近づければ、木にこすりつけたオレンジ

「構造」を感じるというより、「物語」のような

肉料理の後に飲みたいウィスキー

アイラ島のラガブーリン蒸留所。ラガブーリンは「水車小屋のくぼ地」という意味のゲール語。
位置を地図で確かめてみて。プラスとマイナスで拡大縮小できる。

大きな地図で見る


0 件のコメント:

コメントを投稿