2013年5月12日日曜日

レビュー:ラガブーリン 16年 ピートと樽香の螺旋

LAGAVULIN 16yo (ラガブーリン16年熟成)を飲んだ。88点。
映画『天使の分け前』でも紹介されていたウィスキーだ。

“アイラ島のプリンス”とも称されるラガヴーリン

【評価】
グラスに鼻を近づければ、麦、酸味、ピート香の先端は丸みを帯びているが、同時に鋭さも忘れておらず、雄雄しく上品。素朴でありながら洗練されている。ミレーの絵画のようなバランス。
グラスを傾け少量口に含めば、口当たりは柔らかいが、激しくピートが樽の香りと螺旋を描きながら主張する。しかしくどさがまったくなく、後味は満足のいく絵を描き終わったあとかのよう。
充実感を味わうウィスキー。

【Kawasaki Point】
88point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:LAGAVULIN 16yo (ラガヴーリン16年熟成)
地域:Islay, アイラ
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

ピート香の先端は丸みを帯びているが、
同時に鋭さも忘れていない

アイラ島のポートエリン地区に位置するラガブーリンの設立は1816年


充実感を味わうウィスキー

イギリスのアイラ島に位置するラガブーリン蒸留所の場所を、地図で確かめてみて。

大きな地図で見る



0 件のコメント:

コメントを投稿