2013年5月25日土曜日

レビュー:山崎12年 時の流れを感じ・・

山崎12年(YAMAZAKI 12yo)を飲んだ。83点。
日本で一番成功しているCMを生み出しているウィスキーでもある。
もしあなたがバーで「なにも足さない・・・」と口にすれば、誰かが「なにも引かない・・」と続けてくれるだろう。長年使用されてきた、「なにも足さない。なにも引かない。」という銘コピー。だれもが一度は耳にしたことがあるだろう。
最近のCMでは「ウィスキーが、わかってきた」とか、「そろそろ、ウィスキーをロックで」など、初心者にターゲットを絞ったコピーを生み出している。間違いなく、日本のウィスキー文化への貢献度No.1である銘柄だ。
(トリビアだが、初代山崎蒸留所工場長は、ニッカウィスキーの創始者である竹鶴政孝だ)

さてはてその香味はいかに。

ジャパニーズ・ウィスキーはこの一本なしに語れない。山崎12年



【評価】
グラスから立ち上る焦がした樽の香りと、木の板に擦り付けたハチミツ。雨上がりの草むら。うっとりする。杉。土器から出てくる柔らかい煙。
グラスを傾け口に含めば、スっと入ってくる、つるんとしたテクスチャ。余韻は静かにゆっくりと響く。少しスパイスが上がってくる。
時の流れを感じ、しずかな響きに身をゆだねるウィスキー。

【Kawasaki Point】
83point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:山崎12年(YAMAZAKI 12yo)
地域:山崎、大阪 YAMAZAKI, OSAKA
樽:OAK, MIZUNARA, オーク、ミズナラ
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

ウィスキーらしい骨格が形づくられる12年熟成

「響」という字がモチーフのロゴマーク

日本のウィスキー文化への貢献度No.1である銘柄

木の板に擦り付けたハチミツ。雨上がりの草むら。うっとりする。

時の流れを感じ、しずかな響きに身をゆだねるウィスキー

山崎蒸留所にぐっと寄りの地図。マイナスボタンを押して日本全体を確かめてみて。

大きな地図で見る



2 件のコメント:

  1. 初めまして、このウイスキーに今までの持っていた世界観を変えてくれてうれしくてついつい、家で飲みたくなる一本です。勿論おすすめのストレートで。このブログ気に入りましたので、また訪問しますのでよろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. はじめまして。ご覧いただき、本当に嬉しいです。
      山崎12年はさまざまな香りが隠れていて、特にジャパニーズ・ウィスキー特有の「ミズナラ樽」のなんともいえない、雨上がりの草むらのような爽やかな野性味あふれる味わいが、他では味わえないと思います。余韻も長く、バランスの良い一本ですね。
      このブログがウィスキーをより愉しまれる一助となれば幸いです。こちらこそよろしくお願いします。

      削除