2013年8月17日土曜日

レビュー:ボウモア 10年 テンペスト バッチNo.3 強烈な潮と焦げ

BOWMORE 10yo TEMPEST Small Batch Release No.3(ボウモア 10年熟成 テンペスト スモール・バッチ・リリース No.3)を飲んだ。83点。
Tempest(テンペスト)の意味は、暴風雨だ。荒れ狂う鉛色の空と海、吹き荒れる風、、といったイメージだろうか。ただでさえボウモアはピート香がガッツリ効いているが、果たして、このウィスキーはいかほどか。

ボウモア テンペスト バッチ3

【評価】
グラスに鼻を近づければ、夏の夕立のあとの土の香り、爽やかな水しぶきと岩。鮮やか。煙がゆるやかにではあるが、薫っている。
液体を口に含めば、焚き木を口の中にいれたような、煙と焦げ。しかし甘さもあり、青い夏の空の下の海、という光景が浮かぶ。
強烈な潮と焦げが、大きな岩のゴツゴツした輪郭を浮かび上がらせるような印象を与えるウィスキー。

※強烈ではあるが、暴風雨というだけでない、バランスも整ったウィスキー

【Kawasaki Point】
83point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:BOWMORE 10yo TEMPEST Small Batch Release No.3(ボウモア 10年熟成 テンペスト スモール・バッチ・リリース No.3)
地域:Islay, アイラ
樽:Oak, Bourbon, 1st Fill オーク、バーボン樽のファーストフィル
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


アイラ島の形がエンボスされたボトルキャップ

Small Batch Release、少量のリリースだ

大きな岩のゴツゴツした輪郭を浮かび上がらせるような印象を与える

夏の夕立のあとの土の香り、爽やかな水しぶきと岩


焚き木を口の中にいれたような、煙と焦げ。強烈。

イギリスの小さな島、アイラ島に位置するボウモア蒸留所を、グーグルマップで確かめてみて。

大きな地図で見る



0 件のコメント:

コメントを投稿