2013年9月21日土曜日

レビュー:響 ディープハーモニー 稀に見る・・・

響 ディープハーモニー (HIBIKI DEEP HARMONY)を飲んだ。97点。
今年(2013年)の6月にリリースされた、バー業種向けの限定品。17年熟成以上の原酒を中心に、赤ワイン樽で熟成させた原酒、それからシェリー樽熟成のグレーンをブレンド、というのがメインの構成のようだ。

響 Deep Harmony
【評価】
グラスに顔を近づけてみれば、その香りは、しっとりとしている。障子の木枠。和紙から透けて光がぼんやり室内を照らす。その柔らかな光に照らされた畳のい草の一本一本が、陰翳を生み出す。床の間に飾られた侘びのある花器。外の音は、鳥が枝から飛び立つ音と風の音だけ。
口に含めば、石をうがった窪みに水が張られ鏡になっている。みずからの顔を覗き込むと、風が吹き、木の葉が触れ合う音がする。
すべての香味の要素が、ひとつの情景を描き出す。稀に見る美しいウィスキー。

【Kawasaki Point】
97point

【基本データ】
銘柄:響 ディープハーモニー (HIBIKI DEEP HARMONY)
地域:Japan, 日本
樽:Oak, Red Wine, Sherry, Bourbon, オーク、赤ワイン、シェリー、バーボン
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


24面体のカットが施されたボトル

ボトルの形状そのものも美しい


残りわずかであった


越前和紙のディティール

「外の音は、鳥が枝から飛び立つ音と風の音だけ」


すべての香味の要素が、ひとつの情景を描き出す。



0 件のコメント:

コメントを投稿