2013年9月17日火曜日

レビュー:リトルミル 1965 31年 まるでメリーゴーラウンドの憧憬

LITTLEMILL 1965 31yo Signatory's Silent Still Series (シグナトリーのサイレント・スティル・シリーズ リトルミル 1965 31年熟成)を飲んだ。89点。

リトルミルはスコットランド最古の蒸留所と言われるが、1994年に閉鎖しており、それ以降はもう新たな原酒が出てくることはない。蒸留所の経営はとかく安定しない。失われていく蒸留所もあるし、その代わりに、新たに産声を上げる蒸留所もある。永遠はあり得ず、時が流れている、ということなのだろう。そんなことを思うと、今、この時代にたまたま出会えたウィスキーに対して、感慨深くなる。

サイレント・スティル リトルミル31年熟成

【評価】
グラスに顔を近づければ、すっきりとした香りに驚く!鮮やかな花々なのに、画用紙に描かれた水彩画のようなソフトフォーカスな印象。桃、プラム、オレンジ、イチゴなどの果物。
口に含めば、あっさりとしたバニラに、クッキーの粉。そして、まるでメリーゴーラウンドが廻るような鮮やかな憧憬が浮かぶ。
長熟だが、鮮やかさとソフトフォーカスの同居した、美しいウィスキーのひとつ。

【Kawasaki Point】
89point

【基本データ】
銘柄:LITTLEMILL 1965 31yo (リトルミル 1965 31年熟成)
地域:Lowland, ローランド
樽:Oak, Bourbon, オーク、バーボン
ボトル:Silent Still Series Signatory (シグナトリーのサイレント・スティル・シリーズ)

サイレント・スティル・シリーズ

ボトラーはシグナトリー

サイレント・スティル・シリーズは
現在稼動をしていない蒸留所のシリーズである






0 件のコメント:

コメントを投稿