2013年12月10日火曜日

レビュー:グレンリベット ナデューラ 過去と対話したくなる・・・

The GLENLIVET 16yo NADURRA BACH 308E(グレンリベット ナデューラ 16年熟成)を飲んだ。89点。
ナデューラは自然とか、そういった意味だそうだ。カスクストレングスのこの一本は、果たしてどのような香味なのか?(参考:シングルカスクとは何か?

グレンリヴェット ナデューラ

【評価】
グラスから立上る香りは、ペティナイフでスパッと縦に切ったイチゴ。わずかに酸味と、外側の濃い赤の甘い香り、さわやかでメロウ。穏やかに心を慰めてくれる。思い出に影を与え、過去の輝かしい日々を一幅の絵画にしてくれる。そう、あれはもうすでに過去なのだと。
口に含めば、イチゴのチョコレートフォンデュ。粉っぽさと、ほっとする香り、暖炉の火を眺めていたら、心にも火を灯すよう。強いアルコールに舌がしびれる。
寒い冬に、暖炉のそばの木のテーブルで、過去と対話したくなるウィスキー。

【Kawasaki Point】
89point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:The GLENLIVET 16yo NADURRA BACH 308E(グレンリベット ナデューラ 16年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak, 1st fill Bourbon, オーク、バーボン ファーストフィル
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

伝統あるグレンリヴェット

ノンチルフィルタードのナデューラ

思い出に影を与え、過去の輝かしい日々を一幅の絵画に

過去と対話したくなるウィスキー


たまにはイギリスの全体像を。グレンリヴェット蒸留所はこの位置だ。

大きな地図で見る


0 件のコメント:

コメントを投稿