2014年1月13日月曜日

レビュー:アムルット ブラックペッパーをまぶしたブッシュドノエル

アムルット(AMRUT)を飲んだ。78点。
アムルットはインド産のシングルモルトだ(参考:シングルモルトとは何か?)。インドのかなり温暖な気候の下で、スコッチ(スコットランド産のウィスキー)と比較して3~4倍程度熟成が早く進むそうだ。台湾などと並んで、新世界ウィスキーのひとつと呼べるだろう。
さてはてその香味やいかに?

アムルット インドより来たるウィスキー 熟成年数は4、5年

【評価】
グラスに鼻を近づければ、バニラビーンズ、それから甘みを増した蜂蜜、濃いシェリーの木、胡椒。薪。
口に含めば、意外とさらっとしている。ブラックペッパーをまぶしたブッシュドノエル(薪の形をしたチョコレートケーキ)。かすかにハッカやミントなどのハーブ。
熱い情熱が舌の上でとろけるが、ただ過ぎ去っていく。長い余韻は楽しめない。

【Kawasaki Point】
78point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:アムルット(AMRUT)
地域:India, インド
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

バニラビーンズ、それから甘みを増した蜂蜜

アムルットの操業は1948だが、
ウィスキーを蒸留し始めたのはもっと最近のようだ

ブラックペッパーをまぶしたブッシュドノエル


熱い情熱が舌の上でとろけるが、ただ過ぎ去っていく。





0 件のコメント:

コメントを投稿