2014年1月30日木曜日

レビュー:ハイランドパーク 18年 ほどよい煙たさとのどごし

HIGHLAND PARK 18yo(ハイランドパーク 18年熟成)を飲んだ。85点。
かなりの定番モルト。さてはてその香味やいかに。

ハイランドパーク18年熟成 ボトルは開けたて

【評価】
グラスに鼻を近づければ、すっきりとした森の香り。柑橘、杏子。夏の池。爽やかでありながら渋い。ホッと落ち着くような。
口に含めば、ころころと舌の先にパウダーシュガーのまぶしてある小さなお菓子が転がる。焦がした樽。バランスのとれた正十四面体。
深すぎず浅すぎず、熱すぎず冷たすぎず、ほどよい煙たさとのどごしのウィスキー。

【Kawasaki Point】
85point

【基本データ】
銘柄:HIGHLAND PARK 18yo(ハイランドパーク 18年熟成)
地域:Islands, アイランズ
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


1798年創業

ハイランドパークのロゴ

爽やかでありながら渋い。ホッと落ち着くような。

ほどよい煙たさとのどごしのウィスキー


イギリスの中でもかなり北の方にあるオークニー諸島のメインランド島。
ここにハイランドパーク蒸留所は位置している。地図を拡大して確かめてみて。




0 件のコメント:

コメントを投稿