2014年4月6日日曜日

レビュー:ボウモア 1997 12年 ハイスピリッツ アールヌーボーな・・・

Bowmore 1997 12yo High Spirits Natural Cask Strength Selection(ハイスピリッツ社のナチュラル・カスク・ストレングス ボウモア1997 12年熟成)を飲んだ。87点。

ボウモア1997 12年熟成 ハイスピリッツ

【評価】
グラスに鼻を近づければ、手に馴染んだ革の名刺ケース。柑橘と灰。舞い上がる砂煙。揺らぐロウソクの炎。絞った柑橘の汁が暗闇でぽたっと落ちるのを眺めている。チョコレート。
口に含めば、柔らかい上質なカーフ。木の板。若葉の萌えた枝。深い味わいというより幅広い味わい。
アンティークショップで見つけたアールヌーボーな木のコーヒーテーブルの様なウィスキー。こなれた装飾性と古い木。

【Kawasaki Point】
87point

【基本データ】
銘柄:Bowmore 1997 12yo (ボウモア 1997 12年熟成)
地域:Islay, アイラ
樽:Oak, Bourbon, オーク、バーボン
ボトル:High Spirits(ハイスピリッツ社)



樽番号1893、1997年蒸留、2009年瓶詰め

柑橘と灰

手に馴染んだ革の名刺ケース

深い味わいというより幅広い味わい。


“ボウモア”は、イギリスのアイラ島という島の中の地名。ゲール語(現地の古い言葉)で“大いなる岩礁” Great Reef of Sea Rock という意味だ。海に面した蒸溜所だ。





0 件のコメント:

コメントを投稿