2014年4月27日日曜日

レビュー:キングカー コンダクター 渋みがあるのに・・・

KING CAR WHISKY 頂極指揮(キングカーウィスキー コンダクター)を飲んだ。86点。
このブログをお読みになったインポーターの田中様から献杯いただいた。感謝。

日本ではこれから広まるであろう台湾のウィスキー、「カバラン」ブランドを作っているのが金車(英語読みで“キングカー”)だが、この社名を冠したウィスキー。その香味やいかに。

サンプル用の小瓶 キングカー コンダクター

【評価】
グラスから立ち上る香りは、麦を重ねた布団に寝ているかのよう。ゆっくり進む馬車と、青空。この清涼感は、近くで細い小川が流れているのか。
風が吹いて帽子が飛ばされる。
口に含めば、ほわっと味わいが広がり、素朴な木の額縁の水彩画、廻る木の車輪とその“こしき”、土に轍(わだち)を残して行く。
渋みがあるのに柔らかい、暖かすぎない春の日の一日。

※ローランド的なというべきだろうか、穏やかな印象だ。しかし、このカバランのシリーズにはスコッチをまねたという以上のオリジナリティがある。

【Kawasaki Point】
86point

【基本データ】
銘柄:KING CAR WHISKY 頂極指揮(キングカーウィスキー コンダクター)
地域:Taiwan 台湾
樽: Oak,   オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

頂を極める、指揮。 Conductor コンダクター




0 件のコメント:

コメントを投稿