2014年8月24日日曜日

レポート:余市蒸溜所への訪問8 ~マイブレンドウィスキー・博物館・旅の終わり

連載した「余市蒸溜所への訪問レポート」は、一般非公開部分も含むニッカのウィスキー工場見学に加えて、竹鶴政孝とその妻リタとの暮らしの思い出を紹介し、終了した。ネット上で気楽に見られる蒸溜所レポートとしては、長文かつ写真枚数も豊富で、動画もありなので、情報量がトップクラスに多いレポートとなった。
しかし、当初想定より反響が良く、未紹介の写真もかなりの数があるため、さらに蒸溜所内の様子を追加でレポートする。


今回はニッカのご厚意により、通常余市蒸溜所では開催されていない「マイブレンドウィスキー体験」を体験できた(仙台の宮城峡蒸溜所では「マイウィスキー塾」の一部カリキュラム)。


マイブレンドウィスキー体験キット
手順は以下のとおり。
原酒5種
(フルーティ&リッチ、シェリー&スイート、
ピーティ&ソルティ、モルティ&ソフト、グレーン)を
スポイトで取り、mlをメスシリンダーで測りながら、
フラスコに入れ、混ぜる。
これをテイスティンググラスでテイスティングして、
好みのブレンドを見つけていくのだ。
20mlになるように調整しながらレシピを見つけたら、
これを10倍して、200mlの“マイボトル”を作る。


テイスティングはもちろん“竹鶴政孝スタイル”で。
竹鶴政孝はニッカの創業者であり、同時に初代マスタブレンダーだ。
グラスを手のひらでおおい、温めながら、
鼻へむけて筒状にすることで香りを集める。
鼻はひとつの穴で。たくさんテイスティングするときに
同時に2つの鼻の穴を使うと早く疲れる、というのが理由らしい。

ニッカウィスキーアンバサダー箕輪氏も
竹鶴政孝のひとつ穴スタイルで。


よし、この表にしたがって・・・。

“スコットランドは今も100位上の蒸溜所が稼働しているが、
日本は原酒の蒸溜所が少ないため、
ニッカではバラエティに富んだ
いくつものタイプを自前で作る”


試行錯誤の末、レシピが完成

200mlでつくって、この空き瓶に入れよう。


ドライヤーで圧着密閉
これをしないと飛行機に乗れない


オリジナルの一本が完成。
ちなみにタイトルは「雪と塩」
やさしく澄んだ香りと塩っぽさを強調してつくってみた

紙袋に入れて思い出に持って帰る。

上記は今回だけの「おまけ」体験だが、なかなか興味深かった。ウィスキーのブレンドなど体験することはないだろう。その気になれば自宅でもできるが、原酒にこだわってかなり高価になる割に成果があまり期待できないという趣味の真骨頂を味わうことになりそうだ。
もし興味がお有りなら、ニッカの仙台工場、宮城蒸溜所のマイウィスキー塾という本格ウィスキーづくり体験の一部として同じようなブレンドが体験できる。



蒸溜所内レストラン「樽」でいただくランチ。
北海道の幸など。
食中酒はニッカのお酒をハイボールで。


さて、「ウィスキー博物館」だ。かなりコンテンツが豊富で紹介しきれないが、特に興味深い点をいくつか挙げてみよう。


ポットスチル(蒸留器)の展示から始まる

樽の実物

熟成の神秘

樽にいれたばかりのウィスキー
透明だ

本物のウィスキーが入っているので、
香りを嗅ぐことができる

20年ぐらい熟成させると
樽の中のウィスキーは色づき、
半分が蒸発する
蒸発分を“天使の分け前”と呼んだりする
そりゃ長熟のウィスキーが高価なわけだ

博物館の中にはその場で原酒を飲めるバーがある

博物館内のバー


政孝が実際に使っていたパスポート

政孝(右)とリタ(左)の旅券。
旧字体が難しいが「日本帝国海外旅券」だろうか。

パスポート。若かりし頃の政孝。

有名な「竹鶴ノート」
今や1900年台はじめのスコットランドの蒸留の様子を知る
第一級の資料である
政孝は留学先の蒸溜所の様子を必死でメモしたという

“壽屋スコッチウィスキー醸造工場設計図面”
壽屋(ことぶきや)はサントリーの前身で、
これは今の「山崎蒸溜所」の設計図面だ。
竹鶴政孝は山崎蒸溜所の初代所長&マスターブレンダーでもあるので、
彼の死後、荷物を整理していた時にこれが見つかったという。
ニッカはサントリーに連絡して、
「山崎蒸溜所のものなのでそちらにお返しします」と言ったそうだが、
サントリーは「政孝さんのものなので、そちらで展示なさってください」と返事したそう。
そういういきさつで、今、余市蒸溜所に山崎蒸溜所の初期図面が展示されれている。
日本のウィスキー史に触れるエピソードだ。

政孝が受賞したメダル
日本のウィスキーのパイオニアに贈られた賞だ

これが政孝が世に放った「第1号ウイスキー」だ。
他にも歴史的ウィスキーの展示多数。

昔のCMも放映中

世界最大のウィスキー愛好家団体
「スコッチ・モルト・ウィスキー・ソサエティ」に
初めてリストアップされた日本の蒸溜所が余市蒸溜所だ。

以上、ウィスキー博物館のほんの数ポイントを挙げた。この余市のウィスキー博物館はすなわち、竹鶴政孝の歴史博物館であり、つまりジャパニーズ・ウィスキーの博物館といってもいいだろう。


おみやげコーナーも少しだけ紹介。

ショットグラス。
浮き彫りになっている絵が見やすいよう、
中に黒い布が入れられている。
これはポットスチル(蒸留器)の絵。

ヒゲのおじさん(ローリー卿)バージョン。

蒸溜所限定のボトルも売られている

興味深いおみやげと言えば、蒸溜所限定のボトルだろう。「原酒10年」あたりはよいおみやげと思うが、変わったものとして「ピーティ&ソルティ」などの「なんとか&なんとか」という名前のついた、ちょっと極端なテイストにしてあるボトルもある。これらに関しては好き好きだろう(一本だけ選ぶとしたら極端なやつはおすすめしない。バリエーションとしてならよいけれど)。


以上、私のとても濃い余市蒸溜所訪問は終わった。

余市駅に

ワンマン電車が滑り込み

夕日と共に余市を後にした

1~8までの余市蒸溜所訪問レポートを書けたことを嬉しく思う。同時に、その分量に対してどれだけのことをあなたにお伝えできたか、いぶかしく思う。ニッカウィスキーのご厚意(特に工場長の杉本氏、ずっと解説してくださった箕輪氏、小原氏)も感謝するし、これらのことをつくり上げた竹鶴政孝その人の偉大さに敬服する。

今回の旅は、ウィスキーがどのように作られるかという工場見学でもあり、そして工場見学以上のものであったと思う。竹鶴政孝の情熱に触れることができたと感じているからだ。
それは余市という北海道の町の凛とした空気の影響なのか、あるいは工場内でたびたび嗅いだあの麦の香りのせいなのか、あるいは、今も竹鶴政孝のやり方に影響を受け続けている蒸溜所の人々の姿に、物言わぬ説得力を感じたからなのか・・・私には定かではない。


以来私は、ウィスキーの香りをかぐたびに、これらのことを思い出さずにはいられなくなる。



~おわり









0 件のコメント:

コメントを投稿