2014年9月22日月曜日

レビュー:スノウ・グラウス 真っ白な画用紙の・・・

The SNOW GROUSE(スノウグラウス)を飲んだ。86点。

スノウグラウスは、フェイマスグラウス(有名な雷鳥)シリーズのひとつだ。雷鳥はスコットランドの国鳥らしいが、「あの有名な雷鳥のマークのウィスキーくれ」などと言われていたため、ブランド名を「ザ・フェイマス・グラウス(あの有名な雷鳥)」にしたとのエピソードも。尚、このシリーズのウィスキーは「1,000円台ウィスキーシリーズ」だ。
このスノー・グラウスはボトルにも「冷やしてお召し上がりください」と書いてあるが、今回は常温ストレートでのレビューである。さて、その香味やいかに。

ザ・スノウ・グラウス

【評価】
グラスから立ち上る香りに意識を集中すれば、ふわふわのビーズクッション。やわらかいもみ殻。木の箱に入ったコンテパステル。完熟の柑橘。
グラスを傾け、口に含めば、イチゴのようでありマスカットのようであり、真っ白な画用紙のようである。さわやかで上質。
美しい雪のようなウィスキー。

【Kawasaki Point】
86point

【基本データ】
銘柄:The SNOW GROUSE(スノウグラウス)
地域:Highland, ハイランド など
樽:Oak, オーク
ボトル:Blended, ブレンデッド

青いボトルキャップ

雪の中の雷鳥は美しいが、この画はかなりワイルド

家で冷たくして飲んで、というようなことが書いてある

ふわふわのビーズクッション。やわらかいもみ殻。

美しい雪のようなウィスキー





1 件のコメント:

  1. スノウグラウスって何故か水っぽいとか、評価が低いようですが。私がバーゲンで入手した並行輸入品1Lボトル、40%はストレートはエステル臭を強く感じますが、ロック、水割り共に美味しく頂くことができました。マジックではありませんが、水/氷にあると思います。常々、相性の良いミネラルウオーターを探しています。個人的味覚、嗅覚です。手軽に入手できるエイビアン、もち吉の力水が良いようです。 エイビアンのオンザロックは一口含んだときに蜂蜜の様な香り甘みが前面にでてきます。喉を通過した後はカシスの香りが残ります。加水すると、メイプルシロップの様な甘み、ラムレーズンの様な香りが後を追ってきます。 そのあとは口の中に洋ナシのような味が残ります。もち吉の水はエイビアンのガッツに対して味、香りは同系ですが、マイルドさを上手く表現します。 売価が税別で1,680円ですから、超コスパで、続けてもう1本買ってしまいました。 評価の低いウイスキーでも、殆ど場合相性の良い水があります。 それを見つけるのも楽しみの一つです。 私の買い方ですが、並行モノでヨーロッパ、アメリカ、インド向けを選択しています。日本の代理店が輸入しているものは、価格値切っているせいか、格下が輸出しているように感じてしまいます。 インドを除き、アジア向けはヘボ酒を押しつけているような気がします。

    返信削除