2014年12月30日火曜日

レビュー:グレンリベット ガーディアンズチャプター この春は・・・

GLENLIVET Gurdian's Chapter Exotic(グレンリヴェット ガーディアンズ・チャプター エキゾチック)を飲んだ。95点。
グレンリベットの「ガーディアン」(ファン)達がテイスティングして「これ!」と選んだ一本を発売しようという企画だったようだ。日本では1,000本限定。日本で1,000本限定のウィスキー、というのは私の感覚値だが、「まぁまぁあるな」というレベルだ。このときばかりは現状のウィスキー人口に感謝する。今後、ますますウィスキー人口が増えていくだろうから、今のような入手しやすさではなくなるかもしれないが・・・。
さて、このボトルの香味はどんな世界を見せてくれるのだろうか。

グレンリベット ガーディアンズチャプター

【評価】
グラスから立ち上る香りに集中すれば、世界に引き込まれる。畳の部屋のすだれの奥の、庭に開けた大きな窓の。ほとりのお香。高貴さと優雅さ。
口に含めば、ジリジリと甘い、悠久の時を感じるかのような落ち着いた物語性を持っている。眼鏡を外して、ぼんやりとした春の庭を眺める。どうやら小鳥が飛び立ったようだ。この春はいつまで続くのだろう。

(なんとファンタジックな一杯だろうか)

【Kawasaki Point】
95point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:GLENLIVET Gurdian's Chapter Exotic(グレンリヴェット ガーディアンズ・チャプター エキゾチック)
地域:Highland, ハイランド
樽:oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

ファンたちの投票によって選ばれたという

グレンリベットはスコットランド最古の政府公認蒸溜所

マスターディスティラリーのサイン、「A.J. Winchester」 

悠久の時を感じるかのような落ち着いた物語性






もしグレンリベットに旅するなら、地図で確かめてみて。





0 件のコメント:

コメントを投稿