2014年12月11日木曜日

レビュー:余市1992 12年 ニッカ70周年記念ボトル ガラスにはめ込んで・・・

余市1992 12年熟成 ニッカ70周年記念ボトル(Yoichi 1992 12yo)を飲んだ。85点。
今年2014年はニッカの創業80周年でさまざまな記念ボトルがリリースされているが、丁度10年前の2004年にも記念ボトルがリリースされていたようだ。今回取り上げるのはニッカ創業70周年の記念ボトルのひとつで、マスタ-ブレンダーの佐藤茂生氏のサイン入りだ。

さて、どのような香味の世界なのか。




【評価】
グラスから立ち上る香りは、燃えている薪の香りを煙ごと四角いガラスにはめ込んで眺めているかのような。カカオの濃いチョコレートのかけら。生き物のようにダイナミックに変化する。
口に含めば、ろうそくの炎が熱く舌の上で燃えて、ロウが溶けていく。ロウが溶けるとチョコレートに変化する。
熱いが静かなウィスキー。

【Kawasaki Point】
85point

【基本データ】
銘柄:余市12年(Yoichi 12yo)
地域:Japan
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

こっちが余市12年

熱く舌の上で燃えて、ロウが溶けていく



0 件のコメント:

コメントを投稿