2015年1月26日月曜日

レビュー:カバラン 蒸溜所限定 スピード感のある短い曲・・・

KAVALAN Distillery Reserve(カバラン ディスティラリー・リザーブ)を飲んだ。89点。
カバランは台湾の蒸溜所で、いわゆる5大産地ではない“ニューワールド”系だ。新しい蒸溜所がどんどん生まれ、流通しているのは素晴らしいことだ。日本から最も近い国の蒸溜所でもある。
今回飲んでものは、カバランの中でも蒸溜所でのみ販売されている「蒸溜所限定」の一本。
さて、どのような香りと、味なのだろうか。

カバラン ディスティラリーリザーブ

【評価】
グラスから香るアロマは、甘い薪、ブッシュドノエル、リネンのテーブルクロス、ハチミツの皿。重厚な木の椅子。まっすぐ高い背もたれ。
グラスを傾け、液体を舌の上に流し込めば、一瞬にして柑橘が弾ける。イチゴ、マンゴー、さまざまな色合い。同時にピートが飛び出す!濃くてスピード感のある短い曲を聴いているかのよう。濃いバター。
陽気な煙を後に残す。

【Kawasaki Point】
89point

【基本データ】
銘柄:KAVALAN Distillery Reserve(カバラン ディスティラリー・リザーブ)
地域:Taiwan 台湾
樽: Oak,   オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

銀色に光っている箱

KAVALANは漢字表記だと「金車」

このなんとも言えない“高級感”

2007年蒸留、2014年ボトリングの6~7年熟成。
わずか6、7年でこの熟成とは・・・
気候の生み出すマジックだ

濃くてスピード感のある短い曲を聴いているかのよう。





0 件のコメント:

コメントを投稿