2015年1月24日土曜日

レビュー:リトルミル1988 23年 WA&3R 小さな暖炉・・・

LITTLEMILL 1988 23yo Whisky Agency & Three Rivers(リトルミル 1988 23年熟成 ウィスキーエージェンシーとスリーリバースのWネーム)を飲んだ。87点。

世界でこのボトルは162本しかないが、特別高価というわけでもない。あるひと樽の原酒が素晴らしかったので、それをボトリングしたらたまたま162本とれて、発売しただけ――。そんな小回りの効くリリースの仕方は、大手蒸溜所やメーカーではあまりされないが、ボトラーと呼ばれる瓶詰め業者にとっては得意技だ。(参考:ボトラーズとオフィシャルの違いとは?

リトルミルといえば「今はもうない」閉鎖系蒸溜所だが、スコットランドでは最古の蒸溜所だったとされている。もう数年すれば、原酒もほとんどなくなっていくのだろうか。
さて、このボトルの中身はどのような香味だろうか。

リトルミル 1998 23年熟成

【評価】
グラスから香るアロマは、優しいチョコレート、溶けたロウと鉄分。まっすぐに伸びる針葉樹。小さな暖炉。
口に含めば、一瞬で解ける鉄と、赤い果実の果汁。イチジク。フレッシュな酸味。
ゆっくりと楽しむことのできる一杯。

【Kawasaki Point】
87point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:LITTLEMILL 1988 23yo (リトルミル 1988 23年熟成 )
地域:Lowland, ローランド
樽: Ex-Sherry Hogshead, Oak, シェリー、オーク
ボトル:Whisky Agency & Three Rivers ウィスキーエージェンシーとスリーリバースのWネーム

ドイツのボトラー Whisky Agencyと、
日本のボトラー Three Rivers。
Three Riversは「三河屋さん」

この綺麗なラベルは
Whisky Agencyでは「アートワークシリーズ」と
呼ばれているようだ

一瞬で解ける鉄と、赤い果実の果汁

ゆっくりと楽しむことのできる一杯












0 件のコメント:

コメントを投稿