2015年4月25日土曜日

レビュー:グレンユーリーロイヤル 20年 レアレスト・オブ・レア 最後はさらりと・・・

GLENURY ROYAL 20yo Duncan Taylor Rarest of Rare(ダンカンテイラー社のレアレスト・オブ・レア・シリーズのグレンユーリー・ロイヤル 20年熟成)を飲んだ。89点。
ボトラーのダンカンテイラー社の「レアレスト・オブ・レア」は、閉鎖した蒸留所のシリーズだ。レア=希少価値が高い、というニュアンスがあるが、ごく当たり前に存在するものよりかつて存在していたものにより美しさを見出すのは人の常なのだろうか。

さて、とはいえ今目の前に存在するこのボトルの香味はどのようなものだろか。

グレンユーリーロイヤル 20年熟成

【評価】
グラスから立ち上るのは、イチゴジュースとタネの弾けた瞬間の酸味。控えめだがゆったりとした水の流れを連想させる。
口に含む。スムーズだが、しっとりと濃い樽の重みを表し、最後はさらりと通り抜ける。ぷかぷかと水に浮かぶオレンジ。

【Kawasaki Point】
89point

【基本データ】
銘柄:GLENURY ROYAL 20yo (グレンユーリー・ロイヤル 20年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak, Bourbon, オーク、バーボン
ボトル:Duncan Taylor, ダンカンテイラー


ダンカンテイラー レアレスト・オブ・レア

1984年蒸留 2004年ボトリング

イチゴジュースとタネの弾けた瞬間の酸味


ぷかぷかと水に浮かぶオレンジ









0 件のコメント:

コメントを投稿