2015年4月12日日曜日

レビュー:トマーティン ピーテッド 2005 鉱石のような・・・

Tomatin Peated 2005(トマーティン ピーテッド 2005)を飲んだ。85点。
カスクストレングスで提供されるこのボトルは、もともとトマーティンの実験的な試み。ややピートを効かせたバージョンをつくっていたら、案外よいものができたということでリリース。(4年ちょっとしか熟成していないようだが限定リリースに至っている)

さて、どのような香りがするのだろうか?

トマーティン ピーテッド 2005
【評価】
グラスから立ち上るのは、透き通った鉱石のような麦の香り。イチゴの葉。黒い鉄。
口に含む。熱く弾けるイチゴとザラメの砂糖。銀のお皿に乗せて。まとまった硬質な香りが長く続く。
焦点の定まった自然の産物。

【Kawasaki Point】
85point

【基本データ】
銘柄:Tomatin Peated 2005(トマーティン ピーテッド 2005)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak, 1st Fill Bourbon オーク、ファーストフィルバーボン樽
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


1897創業の蒸溜所。蒸溜所にしては高めの標高315mに位置。

イチゴの葉。黒い鉄。

限定と言っても全国で1,200本なので結構出会えるはず

トマーティンのウィスキーボンボンもついでにいただく


トマーティン蒸溜所はスコットランドのこの辺りに位置している。地図で確かめてみて。
ちなみにトマーティンとは、ゲール語で「杜松(ねず)の木の茂る丘」という意味だそうだ。






0 件のコメント:

コメントを投稿