2015年9月5日土曜日

レビュー:グレンギリー 15年 古い青春映画のように・・・

GLEN GARIOCH 15yo(グレンギリー 15年熟成)を飲んだ。88点。
旧ラベルのボトルだ。

どのような香味なのだろうか?

グレンギリー 15年熟成


【評価】
グラスを鼻に近づけ、香りをかぐ。ボトルシップを眺める古風な応接室。カーテンを揺らして春の風が舞い込む。ゆったりとした肘掛けのソファに腰掛け、レコードをかける。日が差し込み、ひらひらと、モンシロチョウが迷い込む。
ウィスキーを口に含む。みずみずしい。古い青春映画のようにあっさりほろ苦い。後味には、釉薬の融けた陶器がつくられたときの炎を熱さを思う。
ジェントルで心地よいが、苦さもしっかりと構成しているウィスキー。

【Kawasaki Point】
88point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:GLEN GARIOCH 15yo(グレンギリー 15年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


スコッチ・ウィスキーは鹿のモチーフが多い

AGED FIFTEEN YEARS

ボトルシップを眺める古風な応接室

古い青春映画のようにあっさりほろ苦い





グレンギリーは、ゲール語で「谷間の荒れた土地」。オールドメルドラム村という古風な名のつく村に蒸溜所がある。





0 件のコメント:

コメントを投稿