2017年8月3日木曜日

レビュー:クライヌリッシュ 1997 18yo G&M どんな激流の日々でも・・・

Gordon & MacphailのExclusive label CLYNELISH 1997 19yo(ゴードンマクファイルのエクスクルーシブラベルのクライヌリッシュ 1997年蒸留 19年熟成)を飲んだ。88点。

ゴードンマクファイルはよく、G&MとかGMとかいわれる。ドルチェ&ガッバーナのように、ドルガバ的な略し方は聞いたことがない。

クライヌリッシュ 1997 18yo G&M

【評価】
その香りは、何層ものベールに覆われているが、一枚ずつのベールを剥いでいく楽しみを与える。いちごのパイだろうか、洋ナシのタルトだろうか、パッションフルーツの種だろうか。その層は重みではなく、柔らかさである。
グラスを傾け、液体をほんの少し口に含めば、飴色に輝く手に馴染むパイプ。重厚なスピーカーから流れるピアノとウッドベース。フルーツが置いてある木のカウンター。
どんな激流の日々でも、ゆったりとした時を思い起こさせる力を持ったウィスキー。

【Kawasaki Point】
88point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:CLYNELISH 1997 19yo (クライヌリッシュ 1997 19年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽: Bourbon barrel (バーボン樽)
ボトル:Gordon & Macphail ゴードン&マクファイル


ボトルのなで肩にはG&Mの文字

シカのトレードマーク

1997蒸留 - 2016瓶詰 樽番号6489


ピアノとウッドベース・・・



0 件のコメント:

コメントを投稿