ラベル 地域:American(アメリカン) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 地域:American(アメリカン) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 地域:American(アメリカン)

レビュー:フォアローゼズ ブラック 広がる花弁・・・

Four Roses Black(フォアローゼズ・ブラック)を飲んだ。76点。
「もしもプロポースの答えがOKなら、胸に薔薇のコサージュをつけてまいります」――彼女はそういった。
・・・というのが、このウィスキーの諸説あるネーミングエピソードの有名なひとつ。

さて、どのような香りで愉しませてくれるだろうか。


【評価】
グラスから立ち上のは、消毒液と、花瓶のバラ。竹炭、カーニバルで買うカラフルなグミ、火薬。
口に含めば、香りのインパクトが嘘みたいに口中にしっとり広がる花弁。香水のトップノート。
うっとりする香りを楽しみたいウィスキー。

【Kawasaki Point】
76point

【基本データ】
銘柄:Four Roses Black(フォアローゼズ・ブラック)
地域:America, アメリカ
樽:oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャル

1888年というキリが良い年に創業。

Four Roses (4つの薔薇)


消毒液と、花瓶のバラ

うっとりする香りを楽しみたい



フォアローゼズ蒸溜所の位置を地図でも確かめられる。ズームインすることもできるし、パンして、アメリカから運ばれてきたウィスキーなのか・・・などとしみじみすることもできる。





Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 地域:American(アメリカン)

レビュー:ブッカーズ 6yo バニラがオレンジの皮に・・・

BOOKER'S(ブッカーズ)を飲んだ。83点。
小ロットで作られているバーボンで、樽出しそのまんまのカスクストレングスだ。もちろん樽によって中身が違うため、あなたが出会うブッカーズと私が出会ったブッカーズは、違うブッカーズになるだろう。

ブッカーズ

【評価】
グラスから立ち上るの香りは、バニラがオレンジの皮に包まれている。朝のハニートースト。焦げた香りがリッチ。
口に含めば、夏草を踏みしめて、早朝の山を探検する。思い出のアルバムが羊皮紙で大切にくるまれているような。
リッチで深い味わいのウィスキー。

【Kawasaki Point】
83point

【基本データ】
銘柄: Booker's(ブッカーズ)
地域:American, アメリカン
樽: Oak  オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


6年2ヶ月、 バッチNO. C06-K-8 で熟成
アルコール度数は64.25%
この表記は樽によって違う。
あなたの出会うボトルはどうだろうか



朝のハニートースト。焦げた香りがリッチ。



Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 地域:American(アメリカン)

レビュー番外編:ジャック・ダニエル・ハニー 夢の国の・・・

JACK DANIEL's Tennessee HONEY(ジャック・ダニエル・テネシー・ハニー)を飲んだ。厳密にはウィスキーでないため点数はつけず。
フレーバード・ウィスキーと呼ばれている、ウィスキーにフレーバーを加えたもので、表示を見れば「リキュール」となっている。飲みやすさを意識してつくられた商品だ。ウィスキーへのとっかかりを増やすための、ひとつの答えだと思う。

香味については後述するが、ウィスキーに馴染みのない方や、甘めのお酒が好き!という方には良いだろう。バーで何かお願いしたいけれど、少しほかの人と違ったものがいい、というときには。

ジャック・ダニエルのハニー

【評価】
香りは、ハニーにペッパーが効いている。焦がしたバニラ。
口に含めば、甘い蜂蜜を口の中に入れて回し、焦げたメープルシロップ、消毒液。
夢のような味わい。

※夢の国で提供されるポップコーンに似た味。ジャックダニエルベースであることはわかる。
  あのポップコーンが好きな人はいいかもしれない。

【Kawasaki Point】
-point
※ウィスキーではなく、ウィスキーベースのリキュールのため点数はつけず。

【基本データ】
銘柄:JACK DANIEL's Tennessee HONEY(ジャック・ダニエル・テネシー・ハニー)
地域:America, アメリカ
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


ゴールドの箔押しで、ハチが描かれている



焦がしたバニラ。
焦げたメープルシロップ、消毒液

このあたりにジャックダニエルの蒸留所がある。

大きな地図で見る


Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 地域:American(アメリカン)

レビュー:オールド グランドダッド 86 味わいの安定感

OLD GRAND DAD 86(オールド グランダッド86) を飲んだ。58点。
オールド・グランダッドは、アメリカのバーボンウィスキー。86というのはアルコールプルーフのことで、度数表示でいえば43度のこと。

1882年操業 オールド・グランダッド86


【評価】
グラスに鼻を近づければ、ふくよかな甘みと消毒液、笹の葉、焦がした木。
口に含めば、醤油みたいに染み出る木の旨み。硬い石の階段を上るような。堅牢さ、安定感がありつつ、鼻から抜けるわずかな清涼感。
香りというより、味わいの幅が広く、口の中で展開していくウィスキー。香りの展開はいまひとつである。

【Kawasaki Point】
58point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:OLD GRAND DAD 86(オールド グランダッド86)
地域:America, アメリカ
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

オールドグランダッドのボトルキャップ

Head Of The Bourbon Family

なで肩のボトル

グランドダッド(おじいちゃん)の肖像

ふくよかな甘みと消毒液、笹の葉、焦がした木

香りというより、味わいの幅が広く、口の中で展開していくウィスキー

オールドグランドダッドロードはこちら!ズームしていくとわかりますが、アメリカは広い!

大きな地図で見る



Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 地域:American(アメリカン)

レビュー:ブラントン その馬のボトルキャップの愉しみ

Blanton's(ブラントン)を飲んだ。75点。
ブラントンはアメリカン・ウィスキーで、通称“バーボン”と呼ばれるケンタッキー州の酒だ。ケンタッキーダービーのサラブレッドがボトルキャップに使われていて、かなりインパクトが強い。
このバーボンが特徴的なのは、シングル・バレルということだ。(通常、さまざまな個性の樽の原酒を混ぜてボトリングするが、このブラントンは樽から出したまんまだ。だからボトルで個体差があるはず)


【評価】
グラスから上がる香りには、ねっとりした甘みの奥に竹と炭を感じる。バラの茎。ドライの木苺。
グラスを傾ければ、そのままの香りが口中に拡がる。焦がしと熱、そして甘みをじりじりと残しながら、ゆっくりと消えていく。
バランスは取れているが、味わいの幅は限定的なウィスキー。

【Kawasaki Point】
75point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Blanton's(ブラントン)
地域:アメリカ
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

ねっとりした甘みの奥に竹と炭

バラの茎。ドライの木苺。

ボトルキャップは全部で8種類

B, L, A, N, T, O, N, S の8種類の馬の姿

ゴール!!


8種類のボトルキャップを集める愉しみもあるようで・・

甘みをじりじりと残しながら、ゆっくりと消えていく


ブラントンを瓶詰めする様子。作業している人、ぜったい酔っ払うよなぁ・・・。



バッファロートレース蒸留所は、ケンタッキー州にあり、ブラントンを作っている。

大きな地図で見る



Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 地域:American(アメリカン)

レビュー:ジェントルマン・ジャック 時間の静寂

GENTLEMAN JACK(ジェントルマン・ジャック)を飲んだ。88点。
有名なテネシー・ウィスキーのジャック・ダニエルの別ヴァージョン。
ジャック・ダニエルとの違いは、チャコールメロイング(サトウカエデの炭で1滴ずつウィスキーをろ過する製法)を1回ではなく、2回すること。ジャック・ダニエルでは、ウィスキーを樽詰めする前に1度チャコールメローイングするが、ジェントルマン・ジャックでは、樽から出して瓶詰めする前にもう一度チャコールメローイングするそうだ。。

【評価】
グラスから立ち上るのは、フローラル、鉄、消毒液。
口に含めば・・・!一気にこの世界の時間との鎖を切られ、時間の静寂に放り込まれる。鉄粉を感じながら、元の時間に戻る。

【Kawasaki Point】
88point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:GENTLEMAN JACK(ジェントルマン・ジャック)
地域:American, アメリカン
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


ジェントルマンジャックは時間の静寂を感じるウィスキー

GG(グレート・ギャッツビー)を彷彿させる イニシャルGJ



ジェントルマン・ジャックを作っているジャック・ダニエル蒸留所はアメリカ、テネシーにある。
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 地域:American(アメリカン)

レビュー:ジャックダニエル 男を体現する味

Jack Daniel's(ジャックダニエル)を飲んだ。85点。
知名度は高いが、ウィスキーのレビューをしているブログなどでは意外と見かけない。
地域でウィスキーを分類すると、ジャックダニエルはアメリカン・ウィスキー。
アメリカン・ウィスキーの中でも、バーボンではなく、テネシー・ウィスキーだ。
ケンタッキー州のウィスキーがバーボンで、テネシー州のウィスキーがテネシー・ウィスキー。

コストパフォーマンスに優れており、筆者もお金のない大学生時代に「ジャックダニエルをロックで」というのがなんだかかっこよく、味も分からずよく頼んでいた。初めて飲んだウィスキーだ。
(ちなみに、アメリカのウィスキーはWHISKEYと表記する。イギリスのはWHISKY。Eのあるなし)

【評価】
香りをかげば、鉄と馬、レール。トウモロコシの葉。火薬。炭。シップ。
口に含むと、穏やかな消毒液。花々。革。
男を体現するウィスキー。

【Kawasaki Point】
85point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Jack Daniel's(ジャックダニエル、ジャックダニエルズとも表記)
地域:American, アメリカン
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


口に含むと、穏やかな消毒液。

花々であり革である

ジャックダニエルはやはり名前がイカしてる


アメリカはテネシー州、ジャックダニエル蒸留所の場所を地図で確認してみて。

大きな地図で見る