ラベル 地域:Canadian(カナディアン) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 地域:Canadian(カナディアン) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 地域:Canadian(カナディアン)

レビュー:カナディアンクラブ 6年熟成 序章のウィスキー

Canadian Club 6yo(カナディアンクラブ 6年熟成)を飲んだ。78点。
カナディアンクラブの通称は「C.C.」(シー・シー)だ。ウィスキー好きの間では、CCといえばレモンでもなく、ガールでもなく、カナディアンクラブだ。(たぶん大抵のバーで通用する略称)

さてはてその香味は。



【評価】
グラスに鼻を近づければ、甘いシロップ。木の蜜。強い麦の香り。木にアルコールを染み込ませたような。
口に含めば、軽く入ってきて、木の渋み。まろやかさを口の中で転がすが、うまみよりアルコールを強く感じる。まだ調和が足りない。
カナディアンクラブ12年への序章といったところ。

【Kawasaki Point】
78point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Canadian Club 6yo(カナディアンクラブ 6年熟成)
地域:Canada カナダ
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

ラベルの筆記体が美しい

紋章。創設者のハイラム・ウォーカーの「W」かな。

C.C.の愛称で親しまれる

甘いシロップ。木の蜜。強い麦の香り。

カナディアンクラブ12年への序章

創設者のウォーカーは、ウィスキーのためにデトロイトの対岸に街をつくった。すごい熱の入れよう。

大きな地図で見る



Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 地域:Canadian(カナディアン)

レビュー:アルバータ・スプリングス10年 雨後の水たまり

ALBERTA SPRINGS 10yo(アルバータ・スプリングス 10年熟成)を飲んだ。79点。
アルバータ・スプリングスはカナダ産のカナディアン・ウィスキーだ。
カナディアン・ウィスキーの原料は、ライ麦と、トウモロコシ。ライ麦と言えば「キャッチャー・イン・ザ・ライ」(ライ麦畑で捕まえて)でその名前は有名だが、実物は日本ではあまり馴染みがない。寒冷な地でも育つため、カナディアン・ウィスキーの原料なのだ。カナダで単に「ライ(rye)」と言えば、ウィスキーのことを指すらしい。
ちなみに、アルバータ・スプリングスは100%ライ麦のウィスキーだ。(日本語の説明だとトウモロコシも使っているかのような説明が多いんだけれども・・)


【評価】
グラスに鼻を近づければ、柑橘の果肉。ハチミツ漬けのオレンジの皮。アルコール。少しのミント。
グラスを傾け唇から液体が入ってくると、樽の木の破片が口に入ってきたのかと思うほどウッディ。オレンジの皮の苦味。木の苦味。後味は雨後の水たまりのように爽やかなウィスキー。

【Kawasaki Point】
79point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:ALBERTA SPRINGS 10yo(アルバータ・スプリングス 10年熟成)
地域:Canada, カナダ
樽:Oak,  オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


ハチミツ漬けのオレンジの皮

アルバータ・スプリングスは
カナダ産のカナディアン・ウィスキー
ライウィスキーだ。(ライ麦100%)
CANADI Nの表記は英語
CANADI Nの表記はフランス語

樽の木の破片が口に入ってきたのかと思うほどウッディ

カナディアン・ウィスキーのアルバータ蒸留所の場所はここだ。この地から日本まで旅して来る。

大きな地図で見る


Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 地域:Canadian(カナディアン)

レビュー:カナディアンクラブ・クラシック 12年熟成 時間差の甘み

Canadian Club CLASSIC 12yo (カナディアンクラブ・クラシック12年熟成)を飲んだ。89点。
通称CC(シー・シー)で、カナダを代表するウィスキー。原料はライ麦やトウモロコシ、そして麦で、それらをブレンドしている、ブレンディッド・ウィスキー。ちなみに、世界で始めてブランド名をつけたウィスキーと言われている。ウィスキーにブランド名なんて、今では当たり前だけれども。

【評価】
グラスに鼻を近づければ、甘くメローな香り。木のくぼみに溜まった蜜。古時計の振り子。そして、針の音しか聞こえない木のロッジ。
口に含めば、深い甘み。甘みに深さがあるならば、時間差で奏でられる、高音と低音、それぞれ単音ずつの甘みのハーモニー。
広がりすぎないが、深みを与え満足させる。
木のロッキンチェアに座って飲みたいウィスキー。

【Kawasaki Point】
89point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Canadian Club CLASSIC 12yo (カナディアンクラブ・クラシック12年熟成)
地域:Canada カナダ
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


甘くメローな香り。木のくぼみに溜まった蜜。

世界で始めてブランド名をつけたウィスキー

木のロッキンチェアに座って飲みたいウィスキー

アメリカはデトロイトの対岸に位置するカナディアン・ウィスキー。もちろん国はカナダ。
創業者がアメリカの禁酒法を見越してカナダにつくったという。

大きな地図で見る