2013年8月19日月曜日

レビュー:グレンゴイン スコティッシュオーク 灰色の羽帽子の・・・

GLENGOYNE 16yo Scotitish Oak Wood Finish(グレンゴイン 16年熟成 スコティッシュ・オーク仕上げ)を飲んだ。85点。
原酒はシェリー樽と、新樽のそれぞれで15年熟成したものを使い、最後の1年ぐらいをスコティッシュ・オークで熟成させた(いわゆるダブルマリッジな・・・)そんな一本。
さてはて、その香味はいかに。

グレンゴイン スコティッシュ・オーク・フィニッシュ
 【評価】
グラスに鼻を近づければ、爽やかなオークの香り、杉に近い、濃さを予感させるのにくどくない。実直でふくよか。かすかにスパイスと花が香る。
口に含めば、バランスの取れたシェリーの香り、瑞々しい。シェリーの華やかさと、スッキリと新樽の爽やかさの後に、スパイスが下支えする。
エドゥアール・マネの『灰色の羽根帽子の婦人』みたいに、しっとりとした気品と爽やかさの同居したウィスキー。

【Kawasaki Point】
85point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:GLENGOYNE 16yo Scotitish Oak Wood Finish(グレンゴイン 16年熟成 スコティッシュ・オーク仕上げ)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak, Plane, Sherry オーク、プレーン、シェリー
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

グレンゴイン蒸留所は1833年創業


このボトルは9190番
このシリーズは限定品なのでナンバリングされている


バランスの取れたシェリーの香り、瑞々しい

しっとりとした気品と爽やかさの同居したウィスキー

以前も紹介したが、グレンゴイン蒸留所のムービー。とても美しい。




0 件のコメント:

コメントを投稿