ラベル K's Point:70点台 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル K's Point:70点台 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: K's Point:70点台

レビュー:インヴァーリーブン1991 15yo 揺れる船の中の窓から・・・

Inverleven 1991 15yo by Gordon & Macphail(ゴードンマクファイルのインヴァーリーブン1991 15年熟成)を飲んだ。78点。

Inverleven(インヴァーリーブン)は1991年にすでに閉鎖した蒸留所だ。スコットランドのローランドに位置し、バランタインの原酒のひとつとして使用されていたようだ。すでに閉鎖されていることもあり、シングルモルト(※)で出てくることはあまりないだろう。このボトルの原種は閉鎖された年のもの。(※参考:ウィスキーのシングル・モルトとは何か?)

さて、どのような香味だろうか。

インヴァーリーブン 1991 15年熟成

【評価】
グラスを揺らし、目を閉じ、鼻に近づける。揺れる船の中の窓から、夜の海を眺める。ランプ、蝋燭、洋ナシ。
口に含む。ただただクリスマスプレゼントを待つ少女、それを眺める両親の幸せな眼差し。絨毯の温かみ。

【Kawasaki Point】
78point

【基本データ】
銘柄:Inverleven 1991 15yo(インヴァーリーブン 1991 15年熟成)
地域:Lowland(ローランド)
樽: Bourbon(バーボン)
ボトル:Gordon & Macphail(ゴードン&マクファイル)

Single Lowland Malt Scotch Whisky

Inverlevenの閉鎖の年である1991年の蒸留

ランプ、蝋燭、洋ナシ。

絨毯の温かみ



Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: K's Point:70点台

レビュー:リトルミル 1991 19yo Cadenhead's まるでゴツゴツした崖を・・・

CADENHEAD'SのLITTLEMILL 1991 19yo(ケイデンヘッドのリトルミル 1991年蒸留 19年熟成)を飲んだ。78点。

ケイデンヘッドといえば、スコットランド最古のボトラーとか、カクカクした無骨な瓶の形とかのイメージがあるかもしれない。少し前は一般的ななで肩ボトルだったようだ。(参考:ボトラーズとは?

リトルミルといえば、イギリスのスコットランドはローランド地方の閉鎖系蒸留所だ。閉鎖して、再開して、また閉鎖して・・・また復活する?そんな噂もあるが、もはやどっちでもいいだろう。このローランドという地方では、そんな閉鎖系蒸留所が多くて、やや切ない気持ち、郷愁にかられる・・・そんな思いを抱くウィスキー好きが多いかもしれない。

このボトルは、どのような香味だろうか?

リトルミル 1991 19yo

【評価】
グラスから立ち上る香りは、納品されたばかりの木の家のカタログの山。青リンゴ。機械オイル。裸電球。コイル。
口に含む。ばね仕掛けのおもちゃがあちこちに飛んでいく。厚みのある段ボール。青リンゴの痕。
まるでゴツゴツした崖を思わせるウィスキー。

【Kawasaki Point】
78point

【基本データ】
銘柄:LITTLEMILL 1991 19yo (リトルミル 1991年蒸留 19年熟成)
地域:Lowland, ローランド
樽: Bourbon (バーボン樽)
ボトル:CADENHEAD'S ケイデンヘッド


縦に「LITTLEMILL」と書かれたラベル

ボトルについているテイスティングノート

青リンゴ。機械オイル。裸電球。

ゴツゴツした崖を思わせる




Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: K's Point:70点台

レビュー:グレンマレイ 2000 15年 SMWS 35.136 涼しい山の・・・

Scotch Malt Wisky SocietyのGlen Moray 2000 15yo(スコッチ・モルト・ウィスキー・ソサエティのグレンマレイ 2000 15年熟成)を飲んだ。78点。

世界のウィスキー愛好家団体である、SMWS(通称:ソサエティ)は独自のチョイスで買い付けた樽の原酒を、会員限定で販売している。しかし、会員でなくともボトルを置いているバーがあれば飲むことができる。

ラベルに記された「35」番はグレンマレイ蒸留所を表す。さて、どのような香味のウィスキーだろうか?

SMWS 35.136 グレンマレイ2000年蒸留 15年熟成

【評価】
グラスに鼻を近づける。夏の涼しい山の樹木の下。午前中。スイカ。ベリーのチューインガム。
なんの予感もなく、口に含む。ほろ苦いが、すっきりと甘く、あっさりとした余韻を残す。

【Kawasaki Point】
78point

【基本データ】
銘柄:35.136 GlenMoray 2000 15yo (グレンマレイ 2000年 15年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽:  1st fill Bourbon barrel (初詰めのバーボン樽)
ボトル:Scotch Malt Wisky Society スコッチ・モルト・ウィスキー・ソサエティ

ソサエティのつけたタイトルはGenteel company 「上品な連れ」

少し夏を懐かしむような気持になる

ソサエティのボトルは全部同じデザイン

すっきりと甘く、あっさりとした余韻を残す



Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: K's Point:70点台

レビュー:サンティス・モルト・ドレイファルティゲイト ほろにがく、うまくて・・・

SANTIS MALT Edition Dreifaltigkeit(サンティス・モルト ドレイファルティゲイト・エディション)を飲んだ。79点。
サンティス・モルトは、スイスの蒸留所だ。この蒸留所の母体はビール醸造で、ウィスキーもビール樽で熟成しているという(スイスのアペンツェル地方でビールを造っているロッハーブリュワリー)。

さて、どのような香味だろうか?

サンティスモルト ドレイファルティゲイト

【評価】
グラスを傾け、鼻を近づける。スモークチェダーチーズ。冬の草を焼く。きわめて香ばしい。
口に含む。炒った麦。スモークチェダーチーズを口いっぱいに頬張る。ほろにがく、うまくて、コクがある。
あの煙たさをもう一度、もう一度と、なんども確かめたくなる。
・・・とはいえ、とてもスモーキーで飲み進めるうち、体がスモーキーになったような気分。

【Kawasaki Point】
79point

【基本データ】
銘柄:SANTIS MALT Edition Dreifaltigkeit(サンティス・モルト ドレイファルティゲイト・エディション)
地域:Swiss
樽:Oak, Beer, オーク、ビール
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル



熊と麦のロゴ

2か国語表記

テイスティングノート

スモークチェダーチーズを口いっぱいに

体がスモーキーになったような気分



蒸留所(ロッハーブリュワリー)の地図はこちら。





Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: K's Point:70点台

レビュー:響 12年 小川を流れる桜の・・・

響12年熟成(Hibiki 12yo)を飲んだ。76点。

「響(ひびき)」といえば、日本を代表するブレンデッド・ウィスキーの銘柄だ。2009年に発売された12年がそのディフュージョンラインとしての役割も担っていたが、今年あらたに年数表記のない「JAPANESE HARMONY」がリリースされ、ポジションをより明確にしている。このリリースに伴い、12年には終売の噂がある。

昨今のウィスキーブームの原酒不足により、各社がラインナップの再編をおこなっている今、新たに生まれるウィスキーもあれば、去っていくウィスキーもあるようだ。

さて、響12年はどのような香味だろうか。


【評価】
グラスを傾け、そっと鼻から息を吸い込む。草とさくらんぼ。野焼き。小川を流れる桜の花びら。うぐいす。
口に含めば、しっとりと熱い。炎を見つめる。舟を漕ぐ。通奏低音としての千歳飴のような甘み。
苦みと渋みと甘みが入り混じる。

【Kawasaki Point】
76point

【基本データ】
銘柄:響12年熟成(Hibiki 12yo)
地域:Japan, 日本
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

ボトルキャップも『響』

これ以外にはない特徴的なボトル

ブランドにかける意気込みが伝わるエチケット

24面カットのボトル

小川を流れる桜の花びら

通奏低音としての千歳飴のような甘み







Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: K's Point:70点台

レビュー:ツインアルプス イチゴのさわやかな甘み・・・

マルス ツインアルプス(TWIN ALPS by MARS)を飲んだ。78点。
流通力のあるウィスキーを紹介した「1,000円台ウィスキーシリーズ」のひとつでもある。

さて、どのような香味なのだろうか。

マルスウィスキー ツインアルプス

【評価】
グラスから立ち上る香りは、透き通った温度の低い水、古びた校舎の木の窓枠。ストレートなアルコールの香り方、少し姿勢を正したくなる。
口に含めば、イチゴのさわやかな甘み。厚い柾目の木の板。そして、後に上がってくる熱いアルコール。
シンプルで要素も多くはないが、端正、というべきまとまりをもつウィスキー。

【Kawasaki Point】
78point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:マルス ツインアルプス(TWIN ALPS by MARS)
地域:信州、Shinshu
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

軍神マルスをイメージしたロゴ




ストレートなアルコールの香り方、少し姿勢を正したくなる

シンプルで要素も多くはないが、端正





Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: K's Point:70点台

レビュー:フォアローゼズ ブラック 広がる花弁・・・

Four Roses Black(フォアローゼズ・ブラック)を飲んだ。76点。
「もしもプロポースの答えがOKなら、胸に薔薇のコサージュをつけてまいります」――彼女はそういった。
・・・というのが、このウィスキーの諸説あるネーミングエピソードの有名なひとつ。

さて、どのような香りで愉しませてくれるだろうか。


【評価】
グラスから立ち上のは、消毒液と、花瓶のバラ。竹炭、カーニバルで買うカラフルなグミ、火薬。
口に含めば、香りのインパクトが嘘みたいに口中にしっとり広がる花弁。香水のトップノート。
うっとりする香りを楽しみたいウィスキー。

【Kawasaki Point】
76point

【基本データ】
銘柄:Four Roses Black(フォアローゼズ・ブラック)
地域:America, アメリカ
樽:oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャル

1888年というキリが良い年に創業。

Four Roses (4つの薔薇)


消毒液と、花瓶のバラ

うっとりする香りを楽しみたい



フォアローゼズ蒸溜所の位置を地図でも確かめられる。ズームインすることもできるし、パンして、アメリカから運ばれてきたウィスキーなのか・・・などとしみじみすることもできる。





Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: K's Point:70点台

レビュー:オーヘントッシャン ブティック-Y 鉄を舐める・・・

Auchentoshan That Boutique-y Whisky Company(ザット・ブティック-Y ウィスキーカンパニーのオーヘントッシャン)を飲んだ。79点。
イラストが割とポップなボトラーのボトルだ。近年多くみられる、熟成年数は書いていないタイプ。オーヘントッシャン蒸溜所のさまざまな年数の原酒をブレンドしているのでは。

さて、このボトルはどのような香味だろうか。

ブティック-Yの オーヘントッシャン

【評価】
立ち上る香りは、アンティークのチェスト、黒い鉄の金具、スイカとピンクペッパー。
口に含めば、スパイスが効いたローストビーフ。ラディッシュ。鉄を舐める、ヒヤリとしつつ、ザラついている。
ポテトチップスやローストビーフと一緒に飲みたい。

【Kawasaki Point】
79point

【基本データ】
銘柄:Auchentoshan(オーヘントッシャン)
地域:Highland, ハイランド
樽:oak, オーク
ボトル:That Boutique-y Whisky Company, ザット・ブティークY ウィスキーカンパニー


ネクタイした男性の吹き出しにはカクテルのレシピ

スイカとピンクペッパー。

ポテトチップスやローストビーフと一緒に飲みたい。





Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: K's Point:70点台

レビュー:ラフロイグ アンカンモア 文庫本をお供に・・・

Laphroaig An Cuan Mor(ラフロイグ アンカンモア)を飲んだ。79点。
ボトルに“Travel Retail Exclusive”(=免税店限定)とある通り、バーではなかなかお目にかからないラフロイグだ。
さて、香味はいかに。

ラフロイグ アンカンモア

【評価】
グラスから立ち上るアロマを吸い込む。草原の海をなぜた風が顔に吹きつく。イチゴのコンポートを隠した松明の炎。ビターな生チョコ。安心する。
口に含む。初夏の晴れた日の浅瀬。水しぶきが飛んで、太陽に輝き、すこししょっぱい。
旅先のホテルで飲むなら、文庫本をお供に。

【Kawasaki Point】
79point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Laphroaig An Cuan Mor(ラフロイグ アンカンモア)
地域:Islay, アイラ島
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


ラフロイグのボトルキャップ ポットスチルが描かれている

LAPHROAIGのロゴは味がある。HとRのバランスが秀逸。

TRAVEL RETAIL EXCLUSIVE=免税店以外では売ってません

初夏の晴れた日の浅瀬。

旅先のホテルで飲むなら、文庫本をお供に。



Laphroaigはゲール語で「広い湾のそばの美しい窪地」という意味で、An Cuan Morは「大いなる海」という意味だそうだ。